2010年04月27日

学生動画流出で「やずや」謝罪 新卒採用で「敗者復活戦」(J-CASTニュース)

 「やずや」が新卒採用試験に落ちた学生を対象に、YouTube上に自己PR動画をアップさせ、中身次第で合格させる「敗者復活戦」を行った。関係者だけが閲覧できる設定にしなければならないのに、学生側の誤りによって一般公開され、顔・氏名・大学名などが流出し、同社は謝罪文を発表した。

 やずやは「やずやの千年ケフィア」などで知られる食品通販会社大手で、本社は福岡市。2010年2月から11年度新卒の採用選考を行っている。

■「やずやへの思い」「敗者復活してみせます」

 その中で、途中で落ちた学生を対象に、「再チャレンジ制度」としてYouTube上に自己PR動画を掲載させ、採用担当者が判断材料とする試みが行われた。動画は一部の指定したユーザーだけが閲覧できる状態に設定しなければいけないのだが、誤って一般公開してしまった学生がいたようだ。

 YouTubeには、4月26日現在もその動画のコピーが幾つかアップされている。福岡県の大学に通う女子大生の動画で、タイトルは「やずやへの思い」。「敗者復活してみせます」とし、「矢頭社長の話、考えにとても共感しました!」「やずやが第一志望です!」と、意気込みを伝えている。

 学校名や氏名が冒頭に大きく掲載され、顔もしっかりと映ってしまっている。24日未明ごろからネットで話題となり、2ちゃんねるには「これはかわいそうだろ」といった書き込みが寄せられた。また、動画が一般公開されてしまったのは女子大生のミスなのだが、「そもそもなんでyoutubeにアップせにゃならんのだろうな」とい疑問も出た。この点は、やずや志望者の中でもおかしいと思っていた人がいたようで、「みんなの就職活動日記」掲示板にも、「なぜ『直接会社に動画を送る』ではダメなのか」と書かれている。

■「学生への配慮が欠けていた」

 こうした反応を受け、同社は24日、社長名義で謝罪文を発表した。11年度卒の採用活動は例年以上に判断が難しく、面接担当者から、一部学生について「もう一歩何か強いアピールがあったら次の選考にすすんでもらいたい」という声が出ていた。本社が福岡にあるため、遠方の学生にわざわざ来社してもらわなくてもいいようにと、選考の場に「非公開という前提で」YouTubeを選んだ。殆どの学生がパソコンを使って就職活動を行っていることを踏まえ、十分にテストした上で判断したという。

 だが、一部学生の動画が誤って一般公開されてしまった。「使い慣れた社会人と、そうでない学生への配慮が欠けていたのが今回の一番の原因です」と説明している。「関係者の皆様にご迷惑おかけしたことを改めてお詫び申し上げます」と陳謝した。

 採用を担当した同社総務室によると、4月初旬から中旬にかけ「再チャレンジ制度」の案内を行い、十数名の応募があった。26日現在、一般公開されてしまったことが確認されているのはこの女子大生1人だけだという。現在も引き続き削除依頼を行っている。

  「傷付いているのはご本人ですので、ご本人、ご家族とお話しして、誠意を持って対応させていただいております」

と話している。


■関連記事
発売前の新型アイフォーン流出 ネット上で「中身」ばらされる : 2010/04/20
「アメブロ」芸能人ブログで情報流出 運営「舞台裏」も明らかに : 2010/01/03
秋葉原ソフト店から個人情報流出 アダルトゲームの購入歴も? : 2010/04/02
宇多田ヒカルの挑戦 「クックパッド」で手料理 : 2010/04/24
三国演義の最強武将はだれだ アクションフィギュアで競え : 2010/04/23

「ただちに避難してください」…警報誤送信(読売新聞)
1000万ドルの夜景に新シンボル=タワー改修、LED7000個−神戸(時事通信)
<普天間>徳之島「なかなか厳しいものがある」…北沢防衛相(毎日新聞)
プラスチック 強さ鋼並み…軽くて強度7倍 広島大チーム(毎日新聞)
<訃報>田嶋一彦さん88歳=田島泰彦上智大教授の父(毎日新聞)
posted by iieu7z at 16:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。