2010年03月16日

スバル富士重役員にトヨタの高田常務役員が就任(レスポンス)

富士重工業(スバル)は、4月1日付けの役員人事を発表した。トヨタ自動車の高田充常務役員がトヨタを退任し、富士重の常務執行役員に就任する。トヨタ出身者が資本提携している富士重本体の役員に就任するのは初めて。

[写真:トヨタFT-86]

高田氏は渉外担当で、富士重と提携する際の実務を担当してきた。

トヨタと富士重は小型スポーツカーを共同開発中で今後の市販に向けて連携を強化していく方針で、この一環としてトヨタは富士重に役員を送り込む。トヨタにとって富士重の存在が重要になってきた証で、ダイハツや日野と同様、将来的にはトヨタ出身者が富士重のトップに就任する可能性も出てきた。

また、富士重の執行役員にJOGMEC(石油天然ガス・金属鉱物資源機構)の中井毅特命参与が就任する。経済産業省からの天下りポストとなる。

一方、木村正一執行役員は退任してスバルロジスティックスの社長、荒井直人執行役員はフジ特車の社長に就任する。

《レスポンス 編集部》

【関連記事】
スバル富士重、レガシィ好調で世界生産が3か月連続プラス…1月実績
トヨタ、「意図せぬ加速」を再現
トヨタ、2010年度も採用抑制を継続
富士重工業 特別編集
トヨタ自動車 特別編集

「口、鼻、耳から血が流れ…」再現される秋葉原殺傷事件の惨状(産経新聞)
石川県知事に谷本氏5選=茨城の橋本氏と並び現職最多(時事通信)
汚染土壌の無害化は可能=豊洲市場予定地の実験で報告−東京都(時事通信)
<水俣病>患者団体反応さまざま 熊本地裁の和解案提示で(毎日新聞)
自殺報道、総務省が民放テレビに質問メール(読売新聞)
posted by iieu7z at 12:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。